電話占いで霊視占いを試してみる

霊感と霊視は違うの?霊視とは

霊感占いで使われる力とは、心でメッセージを受け取りそれを解釈して伝えることになりますが、霊視を使う場合には、映像として見えざるものが見え、そこから情報を得る手法になります。
肉眼で見ているのではなく、頭の中に映像が流れるようにして見えます。
一つの時系列を追って現れる場合もありますし、断片的に見えてくる時もあります。
ヒラメキではなくビジョンがあるところに、違いがあります。
夢も同じ能力の一つと言われることもありますが、夢は自分自身がコントロールすることができません。
「このことを知りたいからこの夢をみる」ということはできないものです。
しかしこの占いを行う占い師は、今見るべきものを見ることができ、これが夢との大きな違いです。
ただし見えたとしても、そこにどんなメッセージがあるのか、何を伝えようとしているのかといった解釈が必要です。
よくテレビでこの能力者のの事件解決などの特番をしている時がありますが、自分の中に浮かぶ映像をどのように解釈すべきか、能力者自身も苦悩している姿が見られます。
入ってくる情報に対し、それをどう受け止めるのかの能力が重要なのです。
なかには霊を憑依させてコンタクトを取ることもありますが、これは霊感占いに近しいものと考えられるでしょう。
霊能者が憑依されている人間の発する情報を解釈して伝えるとう手法もあります。
能力者も自分にあった形でその能力を発揮していきますので、様々な方法があるのです。

霊感占いでよくあるトラブルを回避!・スパムメール

このトラブルは霊感占いに限ったことではありませんが、先にアドレスなどの個人情報を求められ、その後スパムメールなどがどんどん送りつけられるようになった、DMが届くようになったなど、様々な個人情報にまつわるトラブルがあります。
また決済のためにクレジットカードの登録が求められることがほとんどですので、悪徳なところであると大変なことに巻き込まれてしまう可能性もあります。
かといって善良な霊感占いの会社もクレジットカード決済になっているところがありますから、そこであまりに慎重になりすぎると、利用することすらできなくなります。
そこで利用前に大手のクチコミサイトなどを覗いて参考にすることをおすすめします。
クチコミ評価は悪いものはあまりありませんが、支払いや個人情報の取り扱いについて劣悪な会社のことは被害にあった人が率先して書き込むものです。そういった情報には着目しましょう。
占いの内容については、特別良くなくても、誠心誠意やってくれたということであれば、問題は最小限に抑えられます。あとは占い師の霊能者としての能力や相性になってきます。
またオペレーターの態度が悪かったという会社は、避けたほうが賢明です。
やはりオペレーターは会社の顔ですし、心に悩みを抱えて連絡をしてくる依頼者に対して、態度が悪いオペレーターではさらに苦痛を与えてしまうことになります。
しっかりした会社なら、そこに配慮があって然るべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です